こんな経験ありませんか?

好きな女性に積極的に接しても振り向いてくれないのに、どーでもいい接し方をした女性に好かれてしまう…。

意外と多くの男性が経験することです。

今回は「好きじゃない女性に好かれてしまう問題」を解明しますが、うんちくとして読むだけじゃダメですよ。

出会い系アプリや婚活アプリで女性と初めて会ったときに「ナシ」と判断されかどうか? に影響する大切なこと。しかと聞いてください。

あなたは自分の態度が変わっていることに気づいていますか?

「お近づきになりたい女性」と「恋愛対象ではない女性」。

両者と接するとき、自分の態度が変わっていることに気づいていますか?

「接し方が変わるのは当たり前じゃん」と思ったら、要注意。

まだ冷静に自分のことを見ることができてません。

自分の態度を思い出しながら、ここから読んでみてください。

まず、「お近づきになりたい女性」に話しかけるときは、低姿勢で話しかけていませんか?

「●●さんっていつもキレイですよね」

「もし、よかったら今度お茶でも…」

ちょっとドキドキしながら、付き合えたらいいなと期待し、接しているはずです。

一方、「恋愛対象ではない女性」に話しかけるときのあなたは、自然体というか、気持ちに余裕があるというか、少し上から目線で話していませんか?

「●●さんっていつも単純なことで笑うよねー(笑)」

「おー、仕事お疲れー。がんばってるねー」

わかりやすいようにタメ口で書きましたが、丁寧語でも同じです。

「恋愛対象ではない女性」を相手にするときは、下心なく、とても普通のことを話しているはず。

では、あなたの態度を女性側から見てみましょう。

「お近づきになりたい女性」から見たあなた

「●●さんっていつもキレイですよね」

「もし、よかったら今度お茶でも…」

笑顔でニコニコ言い寄ってくる男性。

はーあ。また一人、下心丸出しの男がきた…

女性の感想はこの一点に尽きます。

きっと、あなたが付き合いたい女性は、容姿がとても優れた……モデルや女優のような美人か、アイドルのように可愛い人でしょう。

あなたに下心がなくても(体の関係を期待せず、交際したいだけでも)、相手の女性からは「下心ありの男性」として見られがちです。

そもそも容姿が優れた女性は「キレイですね」や「今度お茶でも…」は学生時代から言われています。

あなたが何百人目かわからないほど、聞き慣れた(飽きた)言葉です。「こんにちは」みたいなもの。

そりゃあ脊髄反射で断り文句も出てしまいます。

あなたが低姿勢や下手(したて)に出るのは、誠実さではありません。

「今まで断ってきた男性と同じ」「その他大勢」に当てはまるだけです。

あなたが狙った女性と近づきたいなら、「恋愛対象ではない女性」に接するときと同じ態度でいきましょう。

「恋愛対象ではない女性」から見たあなた

「●●さんっていつも単純なことで笑うよねー(笑)」

「おー、仕事お疲れー。がんばってるねー」

自然体で私のことをいじってくれる男性。

「この人といると楽しいかも…」

女性の感想は、あなたの意図とは正反対です。

少女マンガでもよく登場するのが、少し上から目線だったり、俺様キャラだったり、引っ張ってくれるタイプです。

女性は本当にこういうタイプが好き。

少女マンガだとイケメンや社会的地位は標準装備ですが、女性はけっこう現実的なので、リアルでは男性にそこまで求めません。

「顔がふつうで、働いている人なら…」くらいまで条件は落ちます。

ただし、男性に求める「性格」だけは少女マンガの男性に近いものがあります。

引っ張ってくれる人、ドキドキさせてくれる人、頼れる人…です。

以下は某アプリのグループ「ちょっと強引くらいの人が好き」にいる女性の数。多いですね。

「ちょっと強引くらいの人が好き」な女性の数

あなたが気をつけるべきは、女性との接し方。

少女マンガで「キレイですね」とか「今度お茶でも…」とか、へこへこしながら近づく男性がヒロインとくっつく話を見たことがありますか?

見たことがないのは、そういう男性は女性に好まれないからです。

容姿の優れた女性をいじるとどうなる?

美しい女性、可愛い女性は、外見を褒められることに慣れています。

慣れすぎて、まったく嬉しくありません。

一方、こんなふうに内面を褒められると喜びます。

「毎日お弁当ですか。●●さんは料理上手なんですね」

また、「恋愛対象ではない女性」に接するときと同じように「●●さんってお笑い好きだよね。お笑い芸人目指してるの?(笑)」なんてことを言えれば、「その他大勢の男性」と一緒にされません。

私の内面を見てくれる、自然体でいじってくれる、ちょっと上から目線で接してくれる。

容姿の優れた女性に接するときも「恋愛対象ではない女性」を相手にするときと同じように振る舞えれば、あなたは狙った女性に「ナシ」と判断されにくくなります。

ぜひ、自分の態度を振り返ってみて、狙った女性と接するときの態度を改めてみてください。

ひとつ、注意点があります。

「いじる」や「上から目線」は決して、エラそうになる、チャラくなることではありません。

次の記事も読んでみてください。

次に読むべし!→「チャラい男がモテる」のはウソ。「女性をいじる」の正しい意味