自宅と会社を往復する毎日を過ごしていた頃の私は、女性との出会いに飢えていました。

「はぁ、通勤中にパンをくわえた女子高生とぶつからないかな…」

なんて少女マンガのような妄想をすることもありました(笑)

結局そんな運命的な出会いはなく、自力で道を拓き、いつでも若い女性とお茶できる人間になりました。

若くてかわいい女性とお茶できる人間になれるなら、いくらお金を出せますか?

さて、もし女性との出会いのないあなたが、私のように女性との出会いに困らない生活を送れるとしたら……お金をいくら払ってもいいと思いますか?

「本当に女性とお茶できる日々が手に入るなら、●●円まで出すぞ!」と考えてみてください。

具体的な金額を決めたら、続きをお読みください。

大切な質問なので、ちゃんと答えを決めてからこの先に進んでくださいね。

<あなたの答え>

        円まで出せる!」

ドキドキする女性があなたの前に座り…

想像してください。

~ぽわぽわ~ 想像はじめ。

今日は初めて会う女子大生と待ち合わせ。

頭の上には、二人の出会いを祝福するような気持ちいい快晴が。

駅の改札前で待っていると、白シャツに黒のタイトスカートの清楚系女子が小走りでやってきた。

女性

「●●さんですかっ?」

長い黒髪を少し乱し、緊張しながら笑顔で聞く彼女。かわいい。

僕が先導して歩くと、彼女もちょこちょこついてきた。

女性

「こういうので初めて会ったので…緊張します」

緊張をほぐすように雑談しながらお店へ向かう。

お店に着き、彼女を奥の席に通す。

女性

「ありがとうございます^^」

髪をかき上げながらメニューを見る彼女。

女性

「うーん、迷います…(笑)」

好きなだけ迷った挙句、カフェオレを頼んだ。僕も同じものを。

女性

「●●さんってお仕事は何をされているんですか?」

両手でカップを傾けながら、僕の回答を聞いて「へぇー」と不思議がる。

女子大生にはまだ仕事の内容が想像つかないらしい。

女性

「私は休みの日は友達と買い物に行ったり…」

何気ない雑談とお茶を楽しむ。

ふつうに過ごしていたら決して出会えないであろう、年下の女性。

僕に興味を持ち、笑顔で話してくれる彼女は素敵だ。

二人きりのお茶の時間を楽しみ、笑顔で別れる。

女性

「今日は楽しかったです! また誘ってください^^」

~ぽわぽわ~ 想像おわり。

最後のLINEは社交辞令ではなく、誘えば本当に2回目のデートも来てくれます。

私はいつもこんな流れで女性との時間を楽しんでいます。

本当にお金を払えますか?

さて、冒頭の質問に戻ります。

「もし、私のように女性との出会いに困らない生活を送れるとしたら、あなたはお金をいくら払えますか?」

あなたの答えはいくらでしたか?

10万円?

30万円?

50万円?

あるいは、「100万円まで出す!」と思いきった答えかもしれません。

大切なのは、「10万円払う!」と言って、本当にその額を払えることです。

「言ってみただけ。本当に払えるわけないじゃん」という男性もいれば。

「いや、俺は本気だよ。今すぐにでも払うよ」という男性もいます。

今、財布の中に10万円なくても構いません。

本当にお金を払える意識があり、行動できることが大事です。

この「意識」の段階で、まず「出会える男性」と「出会えない男性」に分かれます。

女性から見れば、「会いたい男性」と「ナシな男性」です。

「会いたい男性」と「ナシな男性」

お金を払える男性は、女性と出会える可能性が高まります。

言い訳をしてお金を払えない男性は、女性と出会える可能性が低くなります。

勘違いしないでほしいのは、「女性に貢ぎましょう」という話ではなく。

お金を払う先は女性ではありません。お金を払う先は、あなた自身です。

これは女性に会う「前」の話。

女性に会う前に、あなたの意識次第で会えるかどうかが決まります。

私があなたに確かめたいのは、

「女性に『会いたい!』と思われる人間になるために、自分にお金をかけられますか?」

の質問に、強い意思で答えられるか、です。

私がこれからどんなに良い「出会いのノウハウ」をお伝えしたところで、あなたの意識が低ければ行動に移せず、ノウハウは効果を発揮しません。

つまり、私は時間のムダですし、あなたも無駄骨になります。

本気で女性と出会う意識がないなら、もうこのサイトは二度と開かないほうがお互いの為です。

ただ、今は意識が低くても、本気で女性と出会う努力ができるなら、私はあなたを歓迎します^^

意識は高めることができるからです。

あなたが本気で女性と出会いたいなら、ここから先もお読みください。

「紳士の卵」として歓迎いたします^^

もし……

  • 自分にお金をかける意識ができていないなら。
  • 自分にお金をかける意味がわからないなら。
  • なぜ、自分にお金をかけないと出会えないのか、理解できないなら。

次の記事をお読みください。

次に読むべし!→自身にお金をかける意識が無いのは、客観的に自分が見えていないから。